Regusリージャスのコワーキング

Tel.0120-965-391 お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ

Tel.0120-965-391


リージャス 新横浜スクエアビジネスセンター

特徴

  • 都心部の玄関口「新横浜駅」
  • 「新横浜駅」前の抜群のロケーション
  • まもなく東急線・相鉄が乗り入れ
  • 都心部、住宅エリアへのアクセスも大幅改善
  • 完全個室オフィスからスペースをシエアするシエアオフィス、コワーキングまで多彩なオフィスプラン

神奈川県横浜市港北区新横浜2-3-12 新横浜スクエア

アクセス

  • JR 東海道・山陽新幹線、横浜線「新横浜」駅徒歩1分
  • 横浜市営地下鉄ブルーライン「新横浜」駅徒歩2分
このコワーキングスペースについて
問い合わせる

お電話でのお問い合わせ
平日8:30-18:00

0120-965-391

都心部の玄関口「新横浜」のコワーキングスペース

このセンターの
おすすめ
ポイント

リージャス新横浜スクエアは、横浜市のターミナル駅のひとつ、「新横浜駅」前のコワーキングスペース・レンタルオフィスです。東海道・山陽新幹線では、都心部への玄関口となり、また横浜駅まで10分程度という距離になります。2022年には、東急線、相鉄線が「新横浜駅」への乗り入れることになり、東急東横線では、渋谷・新宿・池袋へも直通運転が開始されます。渋谷駅へは30分程度のアクセスとなり、利便性は格段に向上することが予想されます。また、相鉄線の海老名・大和・湘南台、東急線では、武蔵小杉といった住宅エリアからのアクセスも改善され、「新横浜駅」が都心部の新たなハブ都市として生まれ変わろうとしています。 新横浜エリアは、駅前を中心にオフィスビルが建ち並び、大手IT商社、その関連会社がオフィスを構え、また大手企業の横浜支店、営業所としても非常に人気のビジネスエリアです。特にリージャス新横浜スクエアセンターがワークスペースを構える駅前エリアは、オフィスの空室も少ないエリアとなっております。新幹線へのアクセスも良い点から、サテライトオフィスとしての利用にも最適な環境となっております。

リージャス 新横浜スクエアビジネスセンターのコワーキングスペース

ご利用料金例

12ヶ月契約

月額¥ -

個室タイプからシエアタイプまだ多彩なオフィススペースをそろえております。
各種オフィスタイプに関してお問い合わせください。

お問い合わせ 空室・料金を確認する

お電話でのお問い合わせ
平日8:30-18:00

0120-965-391

リージャス
コワーキングスペースの設備

コピー機などのOA機器完備

コインロッカーでセキュリティ万全

共有スペース

打ち合わせにも使用できるラウンジ

フリードリンク

サーバー室

リージャス 新横浜スクエアビジネスセンターの
周辺環境

横浜のエリア情報

士業のスタートアップや支店の立ち上げをバックアップ

レンタルオフィスの世界最大手として日本全国でビジネス展開しているリージャスは、神奈川県(横浜)内の、横浜駅エリア、関内エリア、みなとみらいエリア、新横浜エリアといった主要ビジネスエリアに、「横浜ランドマークタワー」や「横浜スカイビル」など5つのレンタルオフィスを展開してきました。2018年に「横浜ブルーアベニュー」や「オープンオフィス横浜金港町」の2つが開業し、現在合計7つのレンタルオフィスを展開しています。横浜を本拠地としている企業、弁護士など士業の先生はもちろん、国際企業の支店や営業所としても、リージャスのレンタルオフィスをご利用いただいております。 支店開設をする際、オフィスは絶対に必要なものですが、多額の投資となりリスクも高くなります。しかし、リージャスのレンタルオフィスならビジネスに必要な設備が一とおりそろっているので、初期投資を抑えられるだけでなく、受付サービスなど充実したサービスを利用することで人件費の削減も同時に行なうことができます。支店の立ち上げに携わる担当者様を、業界最大手のリージャスがバックアップいたします。 このエリアのコワーキングを見る

横浜エリアの
コワーキングスペース